【軽井沢】雲場池をお散歩して紅葉狩りしてきた

軽井沢散策

軽井沢へ紅葉狩り

秋も深まる11月。

今年の紅葉は、全国的に平年よりもやや遅めの見頃時期を迎えました。

軽井沢をふらふら散策、秋晴れでとても気持ちいい気候に恵まれました。

雲場池

JR軽井沢駅に車を置いて、20分くらい歩いて雲場池に到着しました。

海外からの観光客や学生さんなど、老若男女さまざまな人達が紅葉狩りを楽しんでいました。

鮮やかな紅葉大満喫。赤や黄色の葉が池に反射して、その上をカモがスイスイ泳いでいます。

大きなキャンバスに、絵を書いてる人もいましたよ。

雲場池の紅葉

雲場池の紅葉

遠くまで見渡せる快晴。

遠くまで見渡せる快晴

案内図

案内図

軽井沢ショー記念礼拝堂

旧軽井沢銀座通りを、ずんずん山に向かって進みます。

カナダ生まれの宣教師が創設した、軽井沢で一番古い礼拝堂です。

中に入場することは出来ませんでしたが、外観を見学しました。

参考 軽井沢ショー記念礼拝堂
木に吊るされた入口の看板

木に吊るされた入口の看板

歴史を感じさせる古風な造りですね。

歴史を感じさせる古風な造りですね。

松尾芭蕉の句碑

軽井沢ショー記念礼拝堂のすぐ向かい側に、松尾芭蕉の句碑があります。

つるや旅館よりも奥にずんずん歩いて、かなりひっそりとした場所にありますよ。

松尾芭蕉の句

松尾芭蕉の句

 

松尾芭蕉の碑

松尾芭蕉の碑

あづまや旧軽井沢店

から餅(大根おろし)、きのこ蕎麦をオーダーしました。

お餅は、滑らかな口触りで、柔らかくモチモチです。

他の味も食べたくなってしまうほどでした。

お蕎麦は、おつゆが甘すぎずしょっぱすぎず、加減がちょうどいいです。

きのこも一つひとつ大きくて、食感もプリプリ、最後の蕎麦湯までとても美味しく頂きました。

昔ながらのお茶屋さんといった雰囲気で、江戸っ子のような口調の接客です。

あづまや旧軽井沢店

あづまや旧軽井沢店

から餅

から餅

きのこ蕎麦

きのこ蕎麦

大盛りのお蕎麦

大盛りのお蕎麦

軽井沢ユニオンチャーチ

銀座通りを少し脇に外れた道に入って、軽井沢ユニオンチャーチを見学しました。

ドラマのロケ地にも使われたことがあるようです。

ちょうど開放していて、お姉さんがパンフレットを補充しているところでした。

教会内の様子もゆっくりと見せてもらい、お写真の許可を頂きました。

お話を伺うと、私たちが訪れた前日には結婚式が行われていたようです。

普段はチャーチの隣にある建物で、英語や日本語の礼拝をしているそうですよ。

軽井沢ユニオンチャーチ

軽井沢ユニオンチャーチ

厳かな教会内の様子。木で作られた十字架。

厳かな教会内の様子。木で作られた十字架。

ジョンレノンが食したアップルパイ

万平(マンペイ)ホテルで有名なアップルパイを頂きました。

パソコンから公式Webサイトを開いて、一瞬「バグった?」と思いましたが、なんともオシャレな演出です。

参考 万平ホテル
リッチな雰囲気の万平ホテル

リッチな雰囲気の万平ホテル

ドアマンが扉を開けてくれて、カフェの中に入りました。

室内とテラス席があり、テラス席は犬を連れてお食事できるようです。

スタッフの皆さまもキチッとした格好でいらして、ピリッと気が引き締まります。

アップルパイとアップルティー

アップルパイとアップルティー

ジョンレノン直伝のミルクティーが有名らしいのですが、道中に美味しそうなリンゴが売られていたので、ついついアップルづくしのチョイスになりました。

アップルパイは、ほどよい甘さでりんごがゴロッと入っています。

「ジョンレノンが食べたのか。」と想いを馳せて、ジューシーなリンゴを噛みしめました。

紅茶を蒸らすひととき

紅茶を蒸らすひととき

紅茶を蒸らすのに、運ばれてきてから砂時計を1回ひっくり返して、茶葉が抽出されるまでの時間を優雅に過ごしました。

お好みで、蜂蜜をアップルティーに注ぎます。

こんがりツヤツヤ

こんがりツヤツヤ

ちなみに、コーヒーはお代わりが出来ます。

店員さんに伝えると、カップごと新しいコーヒーを持ってきてくれました。

ただ、ベテランスタッフの方に伝えたことがアルバイトスタッフさんに共有されていなくて、残念だなと感じた場面がありました。

ベテランスタッフさんが機転を効かせたプラスアルファのサービスだったので、とくに指摘はせずにそのままお店を後にしました。

万平ホテルの史料館には、ジョンレノンファミリーのお写真や田中角栄の座ったソファが展示されています。