1週間で実感!ジョギング3つのメリット

引きこもり系女子、マラソン大会に出ます

白銀の美しい景色の中をエンジョイしている登山エキスパートも沢山いらっしゃいます。

しかし、私には残念ながら強靭なサバイバル精神と体力がございません。

なので、冬はますます引きこもりがちになります。 登山シーズンに向けて体力を落としたくないため、気軽に始められるスポーツの代表ジョギングを始めました。

早々に挫折しないよう、練習のモチベーションを保つためにノリと勢いで人生初のマラソン大会に挑むこととなりました。エントリーしたのは5キロです。

先ずはスタートラインに立とう。

オススメのジョギングアプリ

運動の習慣がない場合は、1人でジョギングを頑張ろうとしてもサボってしまいがちです。

外は寒いし、仕事で疲れてるから家でゆっくりしたい。その気持ち非常によく分かります。

ですが、せっかくジョギングしようと決意したからには続けたいですよね。

そこで、練習状況をグループメンバーとシェア出来るランタスティックというアプリをスマホにダウンロードしました。

参考 ランタスティックランタスティック公式サイト

メンバーの練習成果を見ると私も頑張ろうと奮い立つことが出来るし、自身の練習記録を眺めて前回より長い距離を走れるようになったなどと分析することが楽しいので活用しています。

1週間走ったメリット

女子4人に痩せたと言われた

約1年半ぶりに再会した方々から「痩せましたよね。」「痩せたでしょ?」「なんか痩せすぎじゃない?」と、おそらく人生史上初の「痩せたでしょ?」攻撃を浴びてびっくりしました。

体重が減ったわけではありませんが、見た目が締まって見えるのは何とも嬉しい限りです。

運動後プロテインを飲む習慣がついた

女性もプロテインを飲むのは身体に良いと言われています。

以前、女性用に作られたミルクティー味のプロテインを運動しない状態で飲みましたが、胃が重たくなり甘ったるい味で気分が悪くなりました。勿体ないから無理して1袋飲みましたが、私の身体には合わないようでした。

基本的に水や牛乳で溶かして飲用しますが、普段の生活で飲むには身体が冷えすぎます。

ジョギング後は身体が火照っているので、プロテインを水分補給代わりに一気に飲んだとしても今のところは身体が冷えたり気分が悪くなったりしていません。

私は、海外メーカーのマイプロテインでチョコレート味(ビーガン)のプロテインを愛飲しています。

参考 マイプロテインマイプロテイン公式サイト

継続したら初日に感じた筋肉痛がなくなった

まず3キロを目標にジョギングを始めました。

始めて3日目までは太ももからふくらはぎまで脚の裏全体が筋肉痛で、ふとした瞬間に肺のあたりが痛くなったりしました。どれだけ体力が衰えていたのでしょうか。

しかし、5日目を境に3キロ走っても次の日に筋肉痛にならず、徐々に体力がついてきたことを実感しました。

最近では、3キロ走って2キロ歩くということが出来るようになり、日々進歩を感じています。