親知らずを4本抜きました

歯医者

親知らずを抜く経緯

小学生の時から首こりや肩こりが慢性化していて、顎関節症に悩んでいました。

ネットで販売している歯ぎしり予防のマウスピースを購入したのですが、女性の顎にはサイズが大きくガバガバで、結局寝ているうちに苦しくて外してしまい、次第に使わなくなってしまいました。

しかし、最近は歯ぎしりがひどすぎて、舌を噛んで内出血だらけになったり、奥歯が欠けてしまいました。

寝ている時に起こる現象なので、自分で防ぎようもなくて困り果てました。そこで、歯医者に行って、多少高くても自分に合ったマウスピースを作ろうと思い、近所の歯医者さんへ相談に行きました。

どうやら、マウスピースは上の歯にはめるタイプでしたので、上の歯の虫歯になりかけている2本の親知らずを全て処置した後にマウスピースを制作する流れに決まりました。

親知らずを抜かず放置するデメリット

  • 妊娠時に女性ホルモンの影響で親知らずがある部分の歯茎が腫れやすくなるが、万が一腫れても薬が飲めなくて辛い。
  • 奥にある歯は磨きにくいので虫歯になりやすく、隣の歯も虫歯になる可能性が高い。

本来は上の2本だけ抜歯をすればマウスピースは作れるのですが、歯科衛生士の方に親知らずを抜かずに放置するデメリットを詳しく説明してもらったので、下の2本も含めて全て親知らずを抜くことにしました。

抜歯するタイミング

歯科衛生士の方によると、女性の方は抜歯時の出血が多くなるので生理期間中は避けた方が良いとのことでした。予約をとる時に自分の周期を確認したり、もし当日に生理になってしまったら病院に連絡して、日付をずらしてもらいましょう。

また、1回に抜歯する歯の本数は、いっぺんに4本抜くこともできるし、1本ずつ抜いても良いとのことです。

一般的には、1回に抜くのは2本ずつ、左の上下、もしくは右の上下といった具合でした。左右どちらから先に抜けばいいかを相談したら、両方均等に噛んでいるように思えて、食事の時に左か右でどちらか噛んでる割合が多い方があり、主要で噛んでる方があるということでした。はじめは歯がないのを慣れる為に、その逆の方から抜くのがいいとのことでした。

食事の際に、噛み癖を意識してみましたが、私はおもに左側で噛んでいるので、初回は右側の上下を抜歯することにしました。

抜歯後すぐの過ごし方

抜歯後の約2時間後に麻酔が切れるけど、麻酔が切れる前に食事をすると、口の中を間違って噛んでしまったり、熱いものでやけどしてしまったりするので、完全に麻酔が切れるまで飲食はしないように説明されました。

しかし、完全に麻酔が切れるまで待って食事をするのはおすすめしません。麻酔が完全に切れると、抜歯した部分が死ぬほどズキズキ痛みます。

1回目の抜歯では、本当に痛い思いをしたので、2回目に抜歯したあとは、少し痺れがとれてきたら、完全に麻酔が切れていなくても蒸しパンなどの軽い食事をして、早めに痛み止めを服用しました。

また、血行が良くなると出血してしまうので、当日は激しい運動・お風呂・飲酒は避けましょう。

スパゲッティーは食べるな

抜歯後の食事ですが、2センチほどの細いスパゲッティーが、抜歯後の穴にスッポリはまってしまいました。全部が穴に入ったのではなく、スパゲッティーの頭の部分がかろうじて穴から少し出ていたので、柔らかいスパゲッティーを潰さないように気をつけながらピンセットで引っこ抜きました。

抜歯後なので、大きく口を開けるのも痛いし、ばい菌が入らないようにあらかじめ消毒液でピンセットを拭いて掴みましたが、結構パニックでした。

あと、ゴマなどの小さいものも穴に落ちる可能性があるので、完全に歯茎ができるまでは避けましょう。抜いていない方の歯で噛んでいても、癖で抜いた方で噛んでしまったりしたので、あらかじめ穴に入りやすい食べ物は我慢した方がいいです。