PROFILE

ヨガの指導歴や経歴はコチラ

わたしのこと YOGA 経歴・保有資格

ツルのくちばしで育ちました

鶴舞う形の群馬県

群馬県の地形は、ツルの形に例えられます。

これは「上毛かるた」という群馬県のご当地カルタで詠まれている句です。

群馬県民は、自分の出身地をツルの部位に置き換える謎のコミュニケーションで交流を深めます。

私の歩いてきた軌跡

ストリートダンス

学校では一言も話せず、絵を描いて過ごしていました。

クラスメイトだけでなく先生からも嫌われていたので、学校はトラウマしかありません。

たまたま近所の子に誘われて、小学生の時からジャズダンスを習い始めます。

踊っているときだけは自分の存在を認めてもらえると感じ、どんどんダンスにハマっていきました。

自分自身にとても大きな勇気を与えてくれたダンスは、私にとってのアイデンティティーです。

exploration

インド

養成トレーニングを修了し、ヨガインストラクターとしてデビューします。

しかし、仕事のストレスから過食症になってしまいました。

夜遅く帰宅して、炭水化物を気持ち悪くなるまでひたすら食べまくるのです。

「ヨガをしているのに、心も体も乱れている。なんでこんなに辛いんだろう・・・」

もっとヨガの本質を理解したいという想いが強くなり、仕事を辞めて海を渡りました。

インドはもちろん1人で海外に行くのが初めてで、何もかもが新鮮でした。

トランジットで寄った、ムンバイ空港でのこと。

手持ちのiphoneが日本時間のままになっており、フライトに乗り遅れたのだと勘違いして、どうすることも出来ずに1人で大泣きしていました。

そこに通りすがりのビジネススーツを着たインド人女性が、堪能な英語でギャン泣きの私と空港の職員とを仲介して助けてくれました。

インドといえば物乞いのイメージしかなかったのですが異国の地でとっても親切にされて、一瞬でインドにひとめぼれしていました。

インドでヨガをしていると、自然と涙が溢れてきたり、心と身体が浄化される不思議な感覚を味わいます。

様々な宗教が混在するインドに1ヶ月滞在して、この世界には様々な価値観があることを学びました。

トーミ

そのままでいい

発達障害の診断を受けました。

誰かになろうと自分を誤魔化したり、出来ない事を克服しようとする努力は自分を苦しめるだけでした。

みんなと同じになる事を諦めたら、自分の道で行きていこうという覚悟が生まれました。

かなり遠回りしたけれど、背伸びせずに日々の暮らしを丁寧に生きていきたいです。

私がこの目で見た世界を、みなさんにも知ってもらえたらと思います。