PROFILE

my_profile

ヨガの指導歴や経歴はコチラ

わたしのこと YOGA 経歴・保有資格

ツルのくちばしで育ちました

「鶴舞う形の、群馬県」

群馬県の地形は、よく鶴の形に例えられます。

これは「上毛かるた」という群馬県のご当地カルタで詠まれている句です。

群馬県民同士は、自分の出身地を鶴の部位に置き換える、謎のコミュニケーションで分かりみを深めます。(笑)

私の性格を変えたもの

もともと極度の人見知りで、学校では一言も話せず、子供らしくない性格でした。

クラスメイトだけでなく、先生からもいじめられていたので、学校はトラウマしかありません。

そんな中、たまたま人数不足だからと近所の子に誘われ、小4からジャズダンスを習い始めます。

「あんな内気な子がステージで踊っている!!」と、周囲から謎の注目を浴びるようになります。(笑)

そんな周囲の反応もあり、踊っているときだけは自分の存在を認めてもらえると思い込み、第三の居場所を求めてどんどんダンスにハマっていきました。

高校生では、ロボットダンスのような動きをする「POPPING」というストリートダンスをはじめます。

ヒップホップなどに比べたらちょっぴり地味なダンスですが、だからこそ自分に向いていたんだと思います。

そして、1人で出場したダンスコンテストでは、ありがたいことに「優勝」しました。

ずっと日陰で生きていたので、人生史上あんなにも大きいトロフィーや賞金をもらえるなんて夢にも思っていませんでした。

優勝という結果は自分自身にとても大きな勇気を与えてくれたのです。

クラブに出入りするようになると、HIPHOP特有の反骨精神と反社会的な考えを持った大人たちと関わるようにもなります。

周囲とうまく溶け込めずに、生きづらさを感じる大人が一定数いることを知ることができたし、内に秘めた思いをラップにしたりダンスで共鳴している空間がとても刺激的でした。

その起源にあるように、カルチャーとしてのHIPHOPがだんだん好きになります。

exploration

ヨガをはじめたきっかけ

当時同棲していた彼氏に、「ヨガの仕事したい」と伝えたら「お前にはムリ」と言われたのがムカついて、破局した翌日にヨガインストラクター養成講座に通うようになります。

人前で話す仕事なんて向いてないかもしれないけど、とにかくやってみたいという衝動に突き動かされていました。

あなどるなかれ、ジュリア・ロバーツの主演映画「食べて、祈って、恋をして」にもあるように、恋に破れた女性がヨガと出会って自己探求するのは、意外と万国共通だったりします。(笑)

ダンスのおかげで身体の柔軟性に自信はあったのですが、片足立ちのポーズはフラフラだし、テンポについていけずに全身筋肉痛になりました。

また、ヨガ哲学のような人間としての立ち振る舞い方は、なぜ学校で教えてくれないのだろうと思うほどに、コミュ障の自分にとって必要な教養でした。

養成講座を修了してすぐ、銀座のヨガスタジオでヨガインストラクターとしてデビューします。

ヨガのお仕事は楽しくてやりがいもありましたが、不規則なシフト制の勤務、女性特有の人間関係から「過食症」になってしまいます。

夜遅く帰宅して深夜0時過ぎに、炭水化物を気持ち悪くなるまでひたすら食べまくる暗黒時代です。

インドで1ヶ月のヨガ修行

「ヨガをしているのに、心も体も乱れている。なんでこんなに辛いんだろう…。」

きちんとヨガの本質を理解したいという想いが強くなり、仕事を辞めてインドに1ヶ月ヨガの修行に行きます。

1人で海外に行くのが初めてで、何もかもが冒険のようで新鮮な毎日でした。

トランジットで寄ったムンバイ空港では、スマホの時刻が日本時間のままだと気付かず、てっきりフライトに乗り遅れたのだと勘違いして、どうすることも出来ずに1人で大泣きしていました。

そこに通りすがりのビジネススーツを着たインド人女性が、堪能な英語でギャン泣きの私と空港の職員とを仲介して助けてくれました。

インドといえば物乞いのイメージしかなかったのですが、異国の地でとっても親切にされて、一瞬でインドにひとめぼれしていました。

さらに、ヨガのレッスン時に自然と涙が溢れてきたり、心と身体が浄化される不思議な感覚を味わいます。

仏教徒、キリスト教徒、ヒンドゥー教徒、様々な宗教観を持つ人達と死生観を語り合い、この世界には様々な価値観があることを知りました。

求職者支援訓練「Webデザイナー」

新しい知識を身につける為に、求職者支援訓練Webデザイナー養成講座に半年間通います。

頭の中でイメージを膨らませていたものが、次第に立派なWebサイトになっていく過程が本当におもしろかったです。

今でもクラスメイトとご飯に行ったり、近状報告をしたり連絡をとっています。

Webデザインの知識は、ブログ運営にとても役立っていますよ。

もくもく雲

もっと、わがままになっていい

自分に嘘をついているとき、落ち込んでいるとき、焦っているとき…

「自分らしく、ペースを落として休んでね。」と、ヨガは教えてくれました。

背伸びせずナチュラルに、日々の暮らしを丁寧に生きていきたいです。

もっと自分を褒めて、一緒に喜び合おうよ。

このブログ「Parade with me ?」のコンセプトです。

私がこの目で見た世界を、みなさんにも知ってもらえたらと思います。

どうぞ、くつろいで楽しんでください。