ABOUT ME

グンマー帝国

鶴舞う形の群馬県

上毛かるたという群馬県のご当地カルタで詠まれている句です。

群馬県の地形は、よく鶴の形に例えられます。

自分の出身地を「鶴のくちばし」「鶴の右羽」など体の部位に置き換える謎コミュニケーションで県民同士の交流を深めます。

Background

ストリートダンス

幼少期から中学校入学前まで場面緘黙症があった為、一言も話せず毎日絵を描いて過ごしていました。

クラスメイトや先生からも嫌われていたので、学校はトラウマしかありません。

小4の時、近所の子に誘われてダンスを習い始めます。

親も教師も猛反対していましたが、声を出さずに自己表現できるダンスに出会い世界が広がりました。

大きな自信と勇気を与えてくれたダンスは私のルーツです。

exploration

過食症からインドへ

地元で養成コースを修了し、都内でヨガインストラクターとしての勤務をはじめます。

深夜帰宅後、気づいたら大量の食パン、大量のパスタをひたすら食べまくる日々が続きました。

インストラクターとして健康でいなければならないのに、過食症になってしまった…。

何のためにヨガをしてるんだろう。何のために生きてるんだろう。

光が見えず自問自答を繰り返す毎日は苦しかったです。

そうだ、インドに行こう。

初めての海外一人旅

インドのムンバイ空港にて。

私が飛行機に乗り遅れて途方に暮れていると、ビジネススーツを着たインド人女性が流暢な英語で私を助けてくれました。

異国の地で親切にされたことへの安堵から、自然と涙が溢れます。

(実は手持ちのスマホが日本時間のままだっただけで、乗り遅れていませんでしたw)

インドの雄大な自然に触れ、素直で気さくなインド人達と過ごし、だんだんと心や身体が柔らかくほぐされていくのを感じました。

あぁ、今までなんて小さな世界に住んでいたんだろうか。

トーミ

発達障害

突然、障がい者になる

突然のコロナ禍。

インストラクターのお仕事が激減し、焦りを感じていた頃。

精神科を受診し、発達障害の診断を受けます。

そかこら、自己理解や再就職に向けて勉強する為、約8ヶ月間就労移行支援事業所に通いました。

今まで生きづらさを抱えていた自分にとっては、これからどう生きていくかを見つめ直す良い転機でした。

自分を誤魔化したり背伸びをして頑張ることは、ただ自分を苦しめるだけだったんです。

現在は障害者雇用で採用され、グラフィックデザイナーをしています。

かなり遠回りしたけれど、私の経験が少しでもみなさんのお役に立てば嬉しいなと思いブログを始めました。