【石川】近江町市場・ひがし茶屋街・兼六園、観光モデルコース

石川観光の定番コースを満喫しましょう!

  1. 美味しい海鮮丼を食す。
  2. 甘いスイーツ食べる。
  3. お庭の散歩でカロリー消費。(←これ大事)

石川県定番の観光スポットは金沢市の中心地に密集しているので、それぞれの場所まで徒歩で移動できます。

私たちは車で市街まで行き、パーキングに泊めて街中をフラフラ散策してきました。

近江町(おみちょう)市場

魚介類や果物、金箔ソフトクリームや食堂、マダム向けのお洋服などなど、細い路地にあらゆるお店がぎゅっと凝縮されていています。

平日に訪れましたが、すれ違うのも大変なくらいの人混みで活気づいていました。

とくに回転寿司のお店には、どこも溢れるほどの人が並んで待っていました。お店がありすぎてどこに入ろうか迷ってしまいます。

海鮮丼セット。エビが甘くてとろけました。お吸い物もさっぱりして美味しかったです。

入口が分かりにくいのですが、いちば館2階のフロアーにも食堂があります。

階段を上がってすぐの所にある近江屋伝兵衛(おうみやでんべい)さんで海鮮丼を食しました。

カウンター席に座り、職人さんの機敏な動きを見ながら過ごすことが出来てワクワク感がありました。

タッチパネル式なので、お会計が明朗ですし、存分に吟味してメニューを決められたのがよかったです。

近江屋伝兵衛
住所: 〒920-0907
石川県金沢市青草町88 いちば館2F
電話: 076-255-1212

ひがし茶屋街

古風な建造物が並んでおり、着物で歩く人や外国人の観光客が多く訪れていました。

ひがし茶屋街に向かう途中にあるHUM&Goカフェで休憩したのですが、両隣は外国からの観光客でした。

メニューも英語表記になっているので海外の方にも良心的なお店です。

店内は薄暗い照明でリラックスできるモダンな雰囲気でした。アイスのスプーンや紙コップもおしゃれで、細部までこだわりを感じます。

ピーナッツのソフトクリーム。しつこくない、さっぱりとした甘さです。

HUM&Go 橋場町スタンド
住所: 〒920-0911
石川県金沢市橋場町
電話: 076-255-0207

兼六園

金沢といえば、日本三名園の一つ兼六園の散策はマスト。

参考 兼六園兼六園公式サイト

兼六園に入るまでにはちょっとした坂がありますし、庭園内も広いのでちょっと歩き疲れました。

日中は日差しも強くて思ったよりも体力を消耗するので、こまめな休憩と水分補給を心がけてくださいね。

徽軫灯籠(ことじとうろう)

旬魚季菜 一滴(いってき)

金沢駅兼六園口から徒歩3分という好立地にある旬魚季菜 一滴さんで夕ご飯をいただきました。

参考 旬魚季菜 一滴旬魚季菜 一滴公式サイト

今回の石川県観光ではいろんなグルメを楽しみましたが、ワンランク上の割烹料理を楽しめて大満足でした。

一滴さんのお料理には創意工夫が感じられますし、女将さんの接客がパーフェクトでした。金沢に来たら絶対立ち寄るべきお店、勝手に認定します(笑)

キラキラ豪華な盛り付けのシーザーサラダ。しっかりとした葉っぱの歯ごたえ。卵焼きもふわふわ。

焼きおにぎり。笹の中からこんにちは。

旬魚季菜 一滴(いってき)
住所: 〒920-0849
石川県金沢市堀川新町2-48
サンファーストビル 1階
電話: 0120-31-0075

かなりマニアックな目線かもしれませんが、一滴公式サイトのURLが、かなり乙なのでした。